社員紹介

鶴見 晋太朗

SHINTARO TSURUMI

2013年入社/設計室 主任

社内インタビュー

staff_c31

Q. 入社してからどんな仕事をしていましたか?

三輪設計は若い社員にもどんどん実践経験の場を与えてくれるので、入社当初から先輩のもとでクライアントとの打合せやプレゼンに参加しながら、知識や技術を学んでいきました。2年目では、海外事業のコンペやリノベーション計画を提案するチャンスがあったので、アイディア提案からプレゼン資料の作成までを担当しました。上司や先輩のしっかりしたサポートとフォローがあるため、思い切って自分のアイディアを提案できました。今では、先輩方に教えを請いながら、物件担当者として設計業務を行っています。

Q. >現在はどんな仕事をしていますか?

主な仕事は、共同住宅の設計です。クライアントとの設計打合せやデザイン提案を行いながら、相手が求めるものに+αを加えた提案が出来るように意識しています。その際、いかに的確に意図を伝えられるかを重要視しています。そこで私は、スケッチや3Dツールを用いてデザイン等を検討しています。自分のイメージを明確にしつつ、クライアントにもより理解していただけるため、打合せの場にも持っていくようにしています。また、複合ビルのコンペに参加した際には、プロジェクトリーダーとして提案をまとめました。

Q. 職場はどのような環境ですか?

三輪設計は若手社員が積極的に仕事に取り組める環境だと思います。上司や先輩のフォローはもちろんのこと、各設計の区切りには社内で行うMDR(※)があるので、会社全体で事前に知識不足やミスを補ってくれます。また、定期的に海外研修や東京オフィスと名古屋オフィス合同の忘年会があるため、社員同士の仲が非常によく、雑談から仕事の話まで分け隔てなく話せます。わからないところはすぐに先輩に聞くことができ、新人・部下の話にもしっかり耳を傾けてもらえます。集中する時は緊張感があるので、自分を高めながらも居心地の良い職場です。
(※MDR:三輪デザインレビュー。各物件の設計に対して多数の社員で検討し設計の質を高める会)

Q. どのような設計者になりたいですか?

クライアントの意図を正確に読み取り+αを加えながら、もう一度お願いしたいと声を掛けてもらえる設計者を目指したいです。私が所属する設計室は、住居系のプロジェクトが多いので、竣工後、何年にもわたって、変わらず住まいとしての価値を持ち続ける建築を設計していきたいです。
また、これからの社会の動向をリサーチし建築で表現することは設計の醍醐味の一つだと感じています。三輪設計では、海外展開も含めて積極的に新しいことに挑戦しており、熱い意志があれば主体的に携わる機会も貰えるので、公共性の高い建築などで社会を見据えた新しい提案をしていきたいです。

staff_c32

Q. どのような人に入社してほしいですか?

建築が好きな方。設計が好きな方。こんな建築を創ってみたいという思いがある方。 新卒で入社した私が感じるのは、建築の知識やディティールは入社してからいくらでも上司や先輩が教えてくれます。建築が好きで熱意があれば、上司は必ず汲み取ってくれるので、三輪設計でどんどん自分のスキルを伸ばせると思います。
また、とにかく「手作り」が好きな会社で、名刺や葉書、会社の広告からHPまで様々なものを社内コンペで切磋琢磨して社員で作成しています。建築だけでなく、デザインを考えたり構成を考えたりするのが好きな方は是非入社して欲しいです。

Q. 休日の日はどう過ごしていますか?

休日は良く旅行に出掛けています。週末は近場の建物を見学し、設計のヒントを探したり観光をしたりしています。また、福利厚生の一環で決まった年ごとに“リフレッシュ休暇”という、社会人でこんなに長期で休んでいいものかと驚く連休がもらえるので、前回は北海道と東北の美術館巡りをしてきました。業務との調整はありますが、リフレッシュ休暇は個人の自由に休日を決めることができるので、観光地が空いている時期を狙って、普段の休日の倍楽しんでいます。
ほかには、フレックス休暇での休みを祝日と組み合わせ、まとまった時間で読みためていた漫画や本、映画を鑑賞して気分転換をしています。